メインメニューを開く

内藤 時浩(ないとう ときひろ 1963年2月2日 - )は、日本のゲームクリエイタープログラマである。名古屋市出身。M2所属。

T&E SOFTにおいて、『ハイドライドシリーズ』『DAIVA』『アンデッドライン』『ルーンワース』などの作品を手掛ける。特に『ハイドライド』は世界で初めてアクションロールプレイングゲームを定義づけて、アクションロールプレイングゲームの原典と呼ばれている。通称「ナイトーちゃん」。「西の内藤」と呼ばれたスターゲームプログラマー[1]

略歴編集

中学3年生の頃に初めてパソコンと出会ったが成績はそれほど良くなく、担任に「お前はここしかない」と言われ倍率1倍を切る某高校の機械科に進学する。

高校時代はコンピュータクラブに所属しながら、いくつかのゲームコンテストに応募する毎日を送っていた。

高校卒業後はコンピュータと全く関係ない鉄工所に就職してシャフトの研磨や穴あけなどの仕事をしていたが 1983年に上司とケンカして「やめたるがやぁ」と辞表を出したその日のうちにT&E SOFTへ電話をかけた。T&E SOFTを選んだのは、名古屋でプログラマーを募集していた会社がT&E SOFTしか無かったからである。

当時のT&E SOFTにはプログラマーが2人しかおらず、入社してすぐに『スターアーサー伝説II『暗黒星雲』』の開発を手伝った。次に『コスモミューター』を制作している。その制作の合間に日本初のロールプレイングゲームである『ザ・ブラックオニキス』に魅せられ、会社内でロールプレイングゲームの布教をしていた。副社長の横山英二から「絵の動かないゲームなんてやりたくないからアクションゲームのロールプレイングゲームを作ってよ」と言われ、内藤は横山英二の言葉から「今までアクションゲームを遊んできた者が、いきなり自由度の高いロールプレイングゲームを遊ぶのは難しい、それよりも基本構造をアドベンチャーゲームのような一本道のシナリオにして、アイテムをすべて自動で使いながら戦闘はアクションゲーム化する。ロールプレイングゲーム要素は経験値による成長のみとするほうが良い」と考え、『ザ・ブラックオニキス』と『ドルアーガの塔』をヒントに、実質3ヶ月で世界初のアクションロールプレイングゲーム『ハイドライド』を完成させる。

ハイドライドは1984年12月13日の発売以来パソコンゲーム雑誌のランキングに2年間載り続け、当時の雑誌はその現象を「ハイドライド・シンドローム」と呼んでいる。

2010年8月よりチュンソフト名古屋開発部(2012年4月よりスパイク・チュンソフト第三開発グループ)に所属し、『風来のシレン4』のPSP移植版ディレクターなどを務めた[2]。2014年7月現在はM2所属。

T&E SOFT時代の代表作品編集

  • 1984年(昭和59年)
  • 1985年(昭和60年)
    • 12月 - ハイドライドIISHINE OF DARKNESS
  • 1987年(昭和62年)
    • 2月 - DAIVA「ディーヴァ」STORY1 ヴリトラの炎
    • 11月 - ハイドライド3 THE SPACE MEMORIES
  • 1989年(平成元年)
  • 1990年(平成2年)
  • 1991年(平成3年)
    • 3月 - ルーンワース2 時空の神戦
    • 7月 - ルーンワース3 神聖記光臨
  • 1995年(平成7年)
    • 4月 - ヴァーチャルハイドライド (セガより発売)

E.O.イマジネーション時代の代表作品編集

デジタルゴルフでの仕事編集

  • 2004年(平成16年)以降
    • ゴルトモ』など、ゴルフゲーム関係の3Dコースデータを作成。

T&E SOFT(新)での仕事編集

  • 2008年(平成20年)以降
    • ゴルフシミュレータ関係の3Dコースデータを作成。

スパイク・チュンソフトでの仕事編集

  • 2013年(平成25年)
    • 6月17日 - すれちがい合戦(任天堂より配信)システムディレクター

M2での仕事編集

  • 2018年(平成30年)
    • 6月14日 - スーパーボンバーマンR(コナミデジタルエンタテインメントより発売)PS4/XBOXone/Steam版開発ディレクター

対談記事等編集

  • ハイドライドミュージアム:スペシャル対談 完全版(1999年3月19日幕張にて収録)
  • 蘇るPC-8801伝説 永久保存版 アスキー書籍編集部(編集)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『ハイドライド1』『ハイドライド2』は『ザナドゥ』とともにコンシューマーゲームに先行してPCゲームにおいて日本のRPGの金字塔を打ち立て、T&E(名古屋市)の「西の内藤」は、日本ファルコム(立川市)の「東の木屋」木屋善夫と双璧を為した天才プログラマーである。コンシューマーのドラゴンクエストシリーズゼルダの伝説シリーズはこれらの影響の下に派生したと言っても過言ではない。ただし、内藤・木屋らのPCゲームはまた、『ドルアーガの塔』(ナムコ)などのアーケードゲームの影響下にあることは忘れてはならない。
  2. ^ 【NGCインタビュー】『不思議のダンジョン 風来のシレン4 plus 神の眼と悪魔のヘソ』ディレクター:内藤時浩さん”. ニコニコ動画 (2012年11月1日). 2014年7月12日閲覧。

関連サイト編集