内藤 雅雄(ないとう まさお、1940年12月24日 - )は、日本のインド史学者、東京外国語大学名誉教授

福井県武生市仏師の子として生まれる。福井県立武生高等学校卒、1964年東京外国語大学インド・パーキスターン語科卒、1967年東京大学大学院印度哲学修士課程修了。1969年東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助手、84年助教授、94年教授、2002年定年退官、名誉教授、専修大学文学部教授、2011年退職[1]

著書編集

編著・共著編集

翻訳編集

  • J.P.ヘイスコックス『インドの共産主義と民族主義 M.N.ローイとコミンテルン』中村平治共訳 岩波現代選書 1986
  • ゴーダーワリー・パルレーカル『インド先住民解放の道 ワールリーの闘いの記録』明石書店 インドー解放の思想と文学 第9巻 1997

論文編集

脚注編集

  1. ^ 内藤雅雄教授 略歴