明石書店

明石書店(あかししょてん)は、日本出版社。社会、教育、歴史、法律など人文・社会科学系全般にわたり出版活動を行っている。「出版活動こそ、反差別思想と文化を創りだす運動の砦でなければならない」との信念に基づき、人権をテーマとした出版物を多く刊行する。

明石書店
正式名称 株式会社明石書店
現況 事業継続中
市場情報 非上場
出版者記号 7503
取次コード 0182
設立日 1978年
代表者 代表取締役社長 石井昭男
本社所在地 東京都千代田区外神田6-9-5
ネット販売 自社サイト、オンライン書店
得意ジャンル 社会教育歴史法律など人文社会科学系全般
外部リンク http://www.akashi.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

所在地編集

代表者編集

  • 代表取締役社長 石井昭男

由来編集

  • 創業者である石井昭男の出身地、兵庫県明石市から明石書店と命名。石井は「私のルーツは被差別部落にありました。父は敗戦直後、地区からでて、となりの街に居をかまえたのです」と理由を語っている[1]。なお、石井は部落解放同盟東京都連合会の役員でもある[2]

事業内容編集

  • 書籍出版

所属出版団体編集

沿革編集

  • 1978年 人権を基本理念とした出版社を目指し創業[4]
  • 1982年 神田神保町に社屋を移転。
  • 1985年 文京区本郷に社屋を移転。
  • 1996年 文京区湯島に社屋を購入し移転。
  • 2001年 梓会出版文化賞を受賞[5]
  • 2004年 千代田区外神田に社屋を購入し移転(現在の社屋)。
  • 2008年 石井昭男、マグサイサイ賞受賞(「報道・文学・創造的情報伝達」部門)。

主な発行物編集

  • この一冊でわかる韓国語と韓国文化 ( 李 修京 著)
  • 原発危機と「東大話法」(安冨歩 著)
  • 南京大虐殺と日本軍 (渡辺 寛)
  • 若者に伝えたい韓国の歴史( 李 元淳、徐 毅植、 鄭 在貞)
  • 正義のアイデア(アマルティア・セン 著)
  • 貧困研究(貧困研究会 編)
  • 韓国女性人権運動史 (世界人権問題叢書) (韓国女性ホットライン連合)
  • 細菌戦が中国人民にもたらしたもの (日本軍による細菌戦の歴史事実を明らかにする会)
  • 日本軍の細菌戦・毒ガス戦―日本の中国侵略と戦争犯罪 (七三一部隊国際シンポジウム実行委員会)
  • 大系朝鮮通信使(辛基秀、仲尾宏 編)
  • 世界の教科書シリーズ(順次刊行)
  • エリア・スタディーズ(順次刊行)
  • 世界歴史叢書(順次刊行)
  • OECD(OECD 編、順次刊行)
  • 証言 強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち (韓国挺身隊問題対策協議会・挺身隊研究会 (編集), 従軍慰安婦問題ウリヨソンネットワーク (翻訳))
  • 在日のための韓国国籍法入門 (奥田 安弘 著, 岡 克彦 著 )

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集