円卓英語: the Round Table)は丸い卓、特にイギリスの『ブリテンの話材』に登場するアーサー王が使ったものを指す。またその故事から、様々な立場の人たちが平等な立場で意見を言えるようにする「円卓会議」を意味することにもなった。[1]

『ランスロ=聖杯サイクル』の挿絵にあるアーサー王の円卓と円卓の騎士たち(Évrard d'Espinques画)

起源編集

アーサー王の円卓は、1155年にウァースがそれ以前の資料に基づいて、アーサー王の冒険についての『ブリュ物語』で初めて言及している。円卓のシンボリズム「円卓会議」は徐々に形成されて、12世紀末には『アーサー王物語」の円卓の騎士に関連した騎士団に広く行き渡るようになった。

伝説編集

ウィンチェスターの円卓編集

 
ウィンチェスター城大広間の壁にかけられた「アーサー王の円卓」と称するものの天板

イギリスのハンプシャーウィンチェスターにあるウィンチェスター城(Winchester Castle)大広間に「アーサー王の円卓」と称するものの天板が壁に掛けてあり、観光名所になっている。[2]

参照項目編集

脚注編集

外部リンク編集