円山派

江戸時代中期の円山応挙を祖とする画派

円山派(まるやまは)は、江戸時代中期の絵師円山応挙を祖とする画派。近世日本画の代表的な流派のひとつ。

関連人物 編集

応門十哲 編集

その他 編集

参考文献 編集

  • 『円山・四条派から現代まで―京都の日本画「京都画壇二五〇年の系譜展」』京都新聞社 編、1994年