メインメニューを開く

円行(えんぎょう、延暦18年(799年)- 仁寿2年3月6日852年3月29日))は、平安時代真言宗。出身は京都。入唐八家(最澄空海常暁円行円仁恵運円珍宗叡)の一人。

円行
延暦18年(799年)- 仁寿2年3月6日852年3月29日))
法名 円行
宗派 真言宗
寺院 霊巌寺
歳栄・空海

略歴編集

初め元興寺歳栄に師事して華厳宗の僧として得度・受戒した。823年弘仁14年)空海から金剛界・胎蔵界両部の大法を受け、また杲隣(ごうりん)から灌頂を受けた。実恵の推挙により入唐請益僧(にっとうしょうやくそう)となり、838年承和5年)円仁円載常暁らと唐に渡った。青龍寺義真から法を受けた。翌839年(承和6年)に帰国し「請来目録」を奉った。その後勅命により山城国霊巌寺を開創し、また天王寺の初代別当に任じられた。播磨国太山寺の開祖とも伝えられる。