メインメニューを開く

言語学的再構再建(Linguistic reconstruction)とは互いに関連のある言語、もしくは同一言語内の異形態を比較・分析して、文献に残っていない時代の言語や祖語を理論的に推定し、再構築すること。再建形にはアステリスク(*)を付けて表す。

再建はあくまで推定に過ぎない。例えばロマンス語の祖語はラテン語であるが、現代のロマンス語を基に祖語を再建してみても、実際のラテン語のごく一部しか明らかにできない。

方法編集

再建には2つの方法がある。