函館市縄文文化交流センター

函館市縄文文化交流センター(はこだてしじょうもんぶんかこうりゅうせんたー、英語: Hakodate Jomon Culture Center)は、2011年平成23年)10月1日に開館した歴史博物館で、愛称は茅空(かっくう)センターである。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 函館市縄文文化交流センター
Hakodate Jomon Culture Center
函館市縄文文化交流センター
2016年10月1日
施設情報
正式名称 函館市縄文文化交流センター[1]
愛称 茅空(かっくう)センター
専門分野 北海道の歴史関連
館長 田中哲郎
事業主体 北海道
管理運営 一般財団法人道南歴史文化振興財団[2]
建物設計 アトリエブンク
延床面積 1,733.43m2
開館 2011年10月1日
所在地 041-1613
北海道函館市臼尻町551-1
位置 北緯41度55分40.517秒 東経140度56分41.099秒 / 北緯41.92792139度 東経140.94474972度 / 41.92792139; 140.94474972座標: 北緯41度55分40.517秒 東経140度56分41.099秒 / 北緯41.92792139度 東経140.94474972度 / 41.92792139; 140.94474972
公式サイト 函館市縄文文化交流センター
プロジェクト:GLAM

目次

沿革編集

2011年(平成23年)10月1日に開館[3]

概要編集

北海道初の国宝「中空土偶」を常設展示し、道の駅縄文ロマン 南かやべを併設している。縄文時代の遺跡からの出土品約1,200点を展示している。国の史跡に指定されている垣ノ島遺跡や大船遺跡の隣接地にあり、この史跡の整備及び公開・管理する役割を担うとともに、従来の展示物主体の博物館の機能だけではなく、来館者に参加し体験してもらう参加体験型博物館としても設置運営されており、常時体験学習を実施している。

主な収蔵品編集

国宝編集

重要文化財(国指定)編集

  • 北海道豊原4遺跡土坑出土品(足形・手形付土製品5点、深鉢形土器1点、石器64点)[5]

函館市指定有形文化財編集

  • シカ絵画土器 - 臼尻B遺跡出土
  • 注口土器及び下部有孔土器 - 八木B遺跡出土
  • 赤彩土器 - 臼尻C遺跡出土[6]

建築概要編集

  • 建築名称 - 函館市縄文文化交流センター
  • 建築主 - 北海道
  • 設計者 - アトリエブンク
  • 施工 - 小泉建設・明匠建工・茂泉建設・平谷建設共同体
  • 規模 - 地上2階
  • 延床面積 - 1,733.43m2
  • 竣工 - 2011年(平成23年)10月
  • 構造 - RC造
  • 所在地 - 〒041-0851 北海道函館市臼尻町551-1 
  • 受賞歴 - 2016年第15回公共建築賞優秀賞

館内施設編集

  • 1階:展示室2、展示室3、展示室4(国宝展示)
  • 2階:展示室1、体験学習室、ミュージアムショップ、道の駅「縄文ロマン南かやべ」

館長編集

  • 田中哲郎(2016年4月~2018年3月)

利用案内編集

  • 観覧時間:4月~10月 9:00-17:00、11月~3月 9:00-16:30
  • 休館日:毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は直後の平日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
  • 観覧料:一般300円(団体割引240円)、学生・生徒・児童150円(同120円)、未就学児は無料
    • 函館市内在住の65歳以上は半額、障害者は無料、団体割引は20名以上
    • 函館市内在住または函館市内の学校に通う小中学生は無料

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 函館市縄文文化交流センター条例
  2. ^ 指定管理者一覧 Archived 2015年9月23日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 縄文文化交流センターオープン 函館のトピックス
  4. ^ 平成19年6月8日文部科学省告示第92号
  5. ^ 平成28年8月17日文部科学省告示第116号
  6. ^ 函館市指定文化財が新たに指定されました 函館市

関連項目編集

外部リンク編集