メインメニューを開く

前栽(せんざい)は草木を植えた庭、または植え込みの事を指す。

概要編集

前栽は日本の伝統的な民家に設けられる事が多かったが、現在の家屋には設けられる事は少ない。 家屋の前庭として、縁側に面して設けられ、門から縁側までの前栽の中に飛石、沓脱石を据える事が多い。 旧家(庄屋屋敷など)においては、日本庭園と同じように、前栽内に築山や池を設けている事もある。

江戸時代までは社寺や武家に設けられたが、民家での庭園は本陣宿や、大庄屋のみに限られ、庭園を造ること自体が贅沢とされた。 明治時代に入ると庭造りも自由になり、急速に流行し、一般の民家にも普及していった。

元々(平安期)は前栽は、植栽本位の寝殿の前庭を指していた。 平安期に書かれた日本最古の造園書『作庭記』は『前栽秘抄』(せんざいひしょう)ともいう。