メインメニューを開く

前田 斉敬(まえだ なりたか)は、加賀藩の第9代藩主前田重教の長男。第10代藩主治脩の養嗣子であったが、襲封前に没した。婚約者は紀伊藩徳川重倫の娘・備姫。

 
前田斉敬
時代 江戸時代後期
生誕 安永7年9月13日1778年11月1日
死没 寛政7年6月30日1795年8月14日
改名 教千代→勝丸→犬千代→利博→斉敬
別名 又左衛門(通称)
戒名 観樹院殿法山道輪大居士
官位 正四位下、左近衛権少将、佐渡守
幕府 江戸幕府
氏族 前田氏
父母 父:前田重教、母:側室 青操院(安、金井氏)
養父:前田治脩
兄弟 前田斉広
婚約者:紀伊藩徳川重倫の娘・備姫

来歴編集

安永7年(1778年)9月、金沢にて生まれる。[1]幼名は教千代。父・重教の隠居後の誕生である。同年12月、重教の跡を継いで10代藩主となっていた叔父治脩の養子となる。翌、安永8年(1779年)正月、松平の名字を与えられる。[2]寛政2年(1790年)9月江戸に上る。11月名を教千代から勝丸、さらに犬千代と改めた上で、又左衛門と称し利博とする。翌寛政3年(1791年)、将軍徳川家斉より偏諱を授かって斉敬に改名。正四位下左近衛権少将に任じられ、佐渡守を称する。しかし、襲封前の寛政7年(1795年)に早世した。享年18。代わって異母弟の斉広が養嗣子となり、家督を継いだ。

脚注編集

  1. ^ 以下、『加賀藩史料』。
  2. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』175-176頁。