剔成君(てきせいくん、生没年不詳)は、戦国時代の君主(在位紀元前356年頃 - 紀元前329年)。姓は子、氏は戴、名は喜。司城子罕とも書かれる。戴公の末裔。桓公を廃位して、自ら即位した。

紀元前329年、剔成君の弟の偃が起兵して剔成君を攻撃し、剔成君は敗れてに亡命した。偃が即位して、康王となった。

参考文献編集