創作漢字(そうさくかんじ)とは、既存の漢字にはない、新たに作り出された漢字を意味する用語である。

概要編集

漢字を独自に、形から意図的に作り出した文字のことである。現代の世相や生活などをこめて作成される。文字の形と合わせて、読み方やその意味が創作された漢字である。

創作漢字コンテストが、産経新聞社などにより実施されている[1]。また、日本漢字能力検定協会による、企画展などが催されている[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集