メインメニューを開く

創玄書道会(そうげんしょどうかい)は、近代詩文書の父といわれる金子鷗亭により創始された書道会。

沿革編集

金子鷗亭により、日常的に使用されている、日本の美しい言葉や俳句、詩、随筆といったものから、心を打つものを書にしていきましょう、皆に理解しやすいく読みやすい誰もが親しむことができる書が提唱され、この新しい現代の書運動に賛同してできた団体が創玄書道会である。日本の大書展の一つである創玄展を主催する。

創玄書道会役員の歴任者編集

参考サイト編集