メインメニューを開く

劉台子遺跡(りゅうだいしいせき)は、中国山東省済南市済陽区曲堤鎮劉台村の西の台地に位置する遺跡。劉台遺跡(りゅうだいいせき)ともいう。

概要編集

代から代にかけての遺構が中心であるが、下層に龍山文化の遺構と上層に代の遺構が存在している。

1957年にはじめて発見され、70年代以降たびたび発掘された。総面積は2万平方m。1基の漢墓と4基の殷末周初の墓がある。殷周の青銅器や玉器を含む300件あまりの文物が出土した。33件の青銅器のうち14件は銘文を持ち、「王季作鼎彝」「斿作厥文考宝尊彝」「季作宝彝」「夆宝尊鼎」などの銘文が知られる。