メインメニューを開く

劉 尚清(りゅう しょうせい)は中華民国の政治家。当初は北京政府奉天派に属し、後に国民政府に転じた。海泉

劉尚清
Liu Shangqing.jpg
Who's Who in China 4th ed. (1931)
プロフィール
出生: 1868年同治7年)
死去: 1947年民国36年)2月20日
Flag of the United States.svg アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
出身地: 清の旗 盛京将軍管轄区奉天府鉄嶺県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 劉尚清
簡体字 刘尚清
拼音 Liú Shàngqīng
注音二式 Liú Shàngchīng
和名表記: りゅう しょうせい
発音転記: リウ シャンチン
ラテン字 Liu Shang-ch'ing
テンプレートを表示

事跡編集

20歳で附生(府・州・県で採用された生員)となり、塾で学生を教えた。1911年宣統3年)、東三省督署度支部で任用される。その後、東三省官銀総弁に昇進した。以後、張作霖奉天派において文官として出世していく。

1919年民国8年)、黒竜江省財政庁長署理となる。翌年6月に正式に財政庁長に任命され、さらに永済官銀号総弁も兼ねた。1925年(民国14年)9月、中東鉄路(東清鉄道)督弁に異動する。1926年(民国15年)秋、奉天省省長兼財政庁長に昇進し、11月には省立東北大学校長も兼ねた。1927年(民国16年)6月、張作霖に北京政府農工総長として起用された。

張学良による易幟を経た1929年(民国18年)1月、劉尚清は東北政務委員会委員に任じられた。翌1930年(民国19年)12月、国民政府中央で内政部部長に抜擢された。その後も中央政治会議委員、国民政府委員、救済水災委員会委員、全国経済委員会委員を歴任・兼任している。1932年(民国21年)からは、北平政務委員会委員、軍事委員会北平分会委員を歴任した。1937年(民国26年)4月に、安徽省政府主席に任じられたが、同年11月までに辞任している。1941年(民国30年)、監察院副院長に任じられた。

1947年(民国36年)2月20日、療養先のニューヨークで病没。享年80。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
楊文愷(農商総長)
農工総長
1927年6月 - 10月
次代:
莫徳恵
   中華民国(国民政府)国民政府
先代:
鈕永建
内政部長
1930年12月 - 1931年12月
次代:
張我華
先代:
劉鎮華
安徽省政府主席
1937年4月 - 11月
次代:
蒋作賓