東三省(とうさんしょう)は、現在では、一般的に遼寧省吉林省黒竜江省を指す。中国東北部を指すことがしばしばである。満州も狭義には同範囲を表す同義語であるが、満州が広義に内蒙古東部・東シベリア地域(外満州)までを指す場合もあるので、区別が必要である。

東三省は、一般的に山海関以北を意味する。現在の中国では「東北三省」と呼ぶことが多い。

東三省の成立編集

清朝は故地である満州の地を神聖なものと定めており、盛京(現・遼寧省瀋陽)、吉林、黒竜江のそれぞれに将軍を配置していた。3将軍の中では、副都格の盛京を預かる盛京将軍が一番の高位だった。これらの将軍の支配域が東三省のそれぞれの起源である。後に、盛京は奉天・瀋陽と時代によって名を変えた。

東九省編集

1945年日中戦争が終了したので、中華民国政府は「東三省」にかえて以下の「東九省」にしようとした。

  1. 遼寧省
  2. 安東省
  3. 遼北省
  4. 吉林省
  5. 松江省
  6. 合江省
  7. 黒竜江省
  8. 嫩江省
  9. 興安省

しかし、旧満州国地域はソ連軍によって占領され、そこからの中国共産党の事実上の支配地として多くが引き継がれ、また、国共内戦の再燃のため、これらは十分にはあ施行されなかった。

関連項目編集