劉 琰(りゅう えん、? - 234年)は、中国後漢末期から三国時代の人物。威碩豫州魯国の出身。蜀漢に仕えた。

劉琰
蜀漢
都郷侯・車騎将軍
出生 生年不詳
豫州魯国
死去 建興12年(234年
拼音 Liú Yǎn
威碩
主君 劉備劉禅
テンプレートを表示

生涯編集

劉備が豫州刺史だった時に仕官し従事となった。劉備は彼が風流で言論に巧みであり、同姓ということもあって賓客として遇した。劉備の入蜀後は固陵太守に任命された。

劉禅の代になると都郷侯に封じられた。やがて、衛尉中軍師後将軍に昇進し、後には車騎将軍と昇進を重ねた。

しかし国政には参与せず、常に兵千人を領有するのみで、諸葛亮の側で批評や建議などを行なっていた。また、贅沢な生活を送っていたという。

232年漢中魏延と仲違いをしたため諸葛亮によって更迭され、官位はそのままで成都へ戻された。その結果、劉琰は生きる希望を失い恍惚となった。

234年、妻の胡氏が皇太后呉氏のところへ正月の挨拶に行った際、皇太后は胡氏に命じて1ヶ月間宮中に留まらせた。劉琰は胡氏と劉禅の姦通を疑い、胡氏を鞭打たせ靴で顔面を叩き離縁した。このため、胡氏は夫から受けた仕打ちを告訴したので、劉琰は逮捕され棄市(大衆の前で打ち首にして死体を市中に晒す刑罰)となった。

これ以降、蜀では重臣の妻や母による正月の挨拶は行われなくなった。

小説『三国志演義』では、この事件は第115回、蜀滅亡直前の話になっており、劉禅の昏君ぶりを強調して、亡国を暗示するエピソードとして扱われている。

参考書籍編集