メインメニューを開く

劉 範(りゅう はん、? - 194年)は、後漢宗室である劉焉の長男で、劉瑁劉璋の異母兄。字は不詳。

概要編集

父の劉焉がとして益州へ着任した後も、同母弟の劉誕と共に長安にあった。董卓によって左中郎将に任命される。董卓が殺害され、董卓の腹心であった李傕が長安を掌握すると、194年、父劉焉・郿に駐屯していた征西将軍馬騰涼州に在った鎮西将軍韓遂侍中(种劭伝によると諌議大夫)馬宇・前涼州刺史种劭・中郎将杜稟らと共に反旗を翻した。

3月、両軍は長平観(長安から50里)で決戦に至るが、劉範らは敗北し、劉範と种劭は戦死、馬騰、韓遂らは涼州へ敗走した(『後漢書』董卓伝・种劭伝)。

彼は弟の劉誕と連絡し、馬騰と共に長安を襲撃したが、計画が漏れて逃亡し、槐里県(現在の陝西省興平市)で討ち取られた。弟の劉誕も捕らえられて処刑され、長安の市場で兄弟揃って晒し首になった(『蜀書』劉二牧伝)。

この前後、劉焉と代々交流があった議郎の龐羲は、劉焉の孫たち(劉範の子も含むか)を引き連れて入蜀に成功した。息子たちの死を聞いた劉焉は大いに悲しみ、その年のうちに死去した。益州牧の地位は四男の劉璋が継ぐことになった。