メインメニューを開く
布施は利己性を克服し心を静めるのに役立つ。美徳を実践する心が形成される。[1]

功徳(くどく、: guṇa: puṇya: anuśaṃsa)とは、仏教用語、または神社仏閣における用語、あるいはキリスト教神学の用語である。

仏教用語としては、善根を積むことによって報いられる功能福徳や、現世・来世に幸福をもたらすもとになる善行のこと[2][注釈 1]

神社仏閣においては、 の恵み、御利益(ごりやく)、利益(りやく)[2][3]を意味する。

キリスト教神学では、ある善業を行うことによって得られる報償を受ける権利やその報償、それを得る道徳的善業のこと[2]である。

仏教用語編集

仏教用語
功德
英語 Merit
パーリ語 puñña
サンスクリット語 puṇya
ビルマ語 ကောင်းမှု
(IPA: [káʊ̃ m̥ṵ])
中国語 功德
(ピン音gōng dé)
日本語 くどく
(ローマ字: kudoku)
ラオ語 ບຸນ (bun)
チベット語 བསོད་ནམས
(bsod nams)
タイ語 บุญ [būn]

造仏写経祈禱などの善行為には、現在または未来において幸福や利益をもたらす能力があるとされる[2]。これらの善い報いを受けるべきとしての善行を善根(ぜんごん)功徳または功徳善根などという[2]。善根を積むことや修行の結果、報いとして得られる果報や恵みも功徳という[2]

善の行為には宗教的なものと世俗的なものがあり、曇鸞は、前者は悟りをもたらすので真実功徳とし、後者はそれをもたらさないので不実功徳とする[2]

神社仏閣の功徳と利益編集

仏教に従うことによって得ることのできる幸福・利益のうち、自分を益するのを功徳といい、他を益するのを利益(りやく)と呼んで、自利と利他を分けることもある[3]。仏・菩薩が人々に恵みを与えることや、神仏から与えられる恵みのことも利益(りやく)という[2][3][注釈 2]

キリスト教神学用語編集

キリスト教神学では、ある善業を行うことによって得られる報償を受ける権利やその報償を意味する。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 善い果報を得られる善行という意味での功徳は、普通は供養布施のことを指す[2]
  2. ^ 利生(りしょう)ともいう[4]

出典編集

  1. ^ McFarlane, Stewart (1997), Carr, Brian; Mahalingam, Indira, eds., Morals and society in Buddhism, London: Routledge, ISBN 978-0-203-01350-2, http://vedicilluminations.com/downloads/Academic%20General/Carr_Brian,_Mahalingam_Indira_(editors)_-_Companion_Encyclopedia_Of_Asian_Philosophy.pdf 
  2. ^ a b c d e f g h i 功徳(くどく)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月23日閲覧。
  3. ^ a b c 利益(りやく)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月23日閲覧。
  4. ^ 利生(リショウ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月23日閲覧。

関連項目編集