加藤 久仁生(かとう くにお、1977年4月24日[1] -)は日本アニメーション作家鹿児島県鹿児島市出身。

加藤久仁生
Paris - Salon du livre 2012 - Kunio Katô - 001.jpg
生誕 (1977-04-24) 1977年4月24日(40歳)
日本の旗 日本鹿児島県鹿児島市
出身校 多摩美術大学グラフィックデザイン科
職業 アニメーション作家
活動期間 2001年-
受賞 アヌシー・クリスタル賞
アカデミー短編アニメ賞

目次

来歴・人物編集

鹿児島市立桜丘東小学校鹿児島市立桜丘中学校鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業[2]。大学在学中に制作したアニメーション作品で国内の賞を獲得。卒業後、2001年に映像制作会社ROBOTに入社、キャラクター・アニメーション部アニメーションスタジオケージに所属。テレビ番組、Webアニメーション、スポットCMなどのアニメーション作品を手がけている。

2008年、『つみきのいえ』が世界最高峰のアヌシー国際アニメーション映画祭で、短編作品に与えられるアヌシー・クリスタル賞(最高賞グランプリ)を獲得。同賞の日本人の受賞は2003年『頭山』の山村浩二に続いて2人目。

2009年、『つみきのいえ』が第81回アカデミー賞の一部門である短編アニメーション賞を受賞した。短編アニメーション賞の受賞は日本人監督作品では初。受賞スピーチでは英語で、オスカー像が重いことや、スタッフなどに対する感謝の意を表明し、所属会社のROBOTに感謝したあと、アメリカロックバンドスティクス1983年ビルボード・チャート3位に入ったヒット曲「ミスター・ロボット」に含まれている日本語の歌詞にちなみ「どうもありがとう。ミスター・ロボット」と締めくくり、会場の笑いを誘った[3][4]

作品編集

受賞歴編集

  • ラピュタアニメーションフェスティバル(最優秀作品賞)
  • アヌシー国際アニメーションフェスティバル(グランプリ・『つみきのいえ』・2008年)
  • 第8回ソウルCartoon & Animation Festival(入賞・2004年)
  • オタワ国際アニメーションフェスティバル(入賞・2004年、2006年)
  • 第12回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門(大賞・『つみきのいえ』・2009年)
  • 第81回アカデミー賞(短編アニメーション賞・『つみきのいえ』・2009年)
  • 第2回メルヘンアニメ・コンテスト(最優秀作品賞・『或る旅人の日記』・2004年)
  • 第7回メルヘンアニメ・コンテスト(最優秀作品賞・『つみきのいえ』・2008年)
  • 第14回アニメーション神戸賞(個人賞・2009年)

脚注編集

外部リンク編集