加藤美雄(かとう とみお、1915年9月2日[1]-2000年6月16日[2])は、日本のフランス文学者。

人物・来歴編集

大阪府生まれ。京都帝国大学文学部仏文科卒。1962年「モーリス・セーヴ作品研究」で京都大学文学博士大阪市立大学法文学部助教授、教授、1979年関西大学教授。86年退職[3]

著書編集

  • 『ルネッサンスフランス文学史』 (学生叢書) 文化科学篇 日本科学社, 1948
  • 『モーリス・セーヴ作品研究』昭森社, 1964
  • 『フランス象徴詩研究』駿河台出版社、1990
  • 『わたしのフランス物語 第二次大戦中の留学生活』編集工房ノア, 1992.11
  • 『続・わたしのフランス物語 第二次大戦中の留学生活』編集工房ノア, 1994.4
  • 『フランスの旅と文学』編集工房ノア, 1997.3
  • ドービニェと二〇世紀のフランス詩人たち』編集工房ノア, 1999.5

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 読売新聞訃報
  3. ^ 文学的自伝の試み」加藤, 美雄 仏語仏文学 15 1-14, 1986-02-28 加藤美雄教授退職記念号