労働・年金省(ろうどう・ねんきんしょう、Department for Work and Pensions、DWP)は、イギリスの行政機関の一つ。福祉年金に対して責務を持ち、省庁の中で最も人員規模と予算規模が大きい。

イギリスの旗 イギリスの行政官庁
労働・年金省
Department for Work and Pensions
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (HM Government).svg
役職
労働・年金大臣 テリーズ・コフィー英語版
概要
所在地 Caxton House, Tothill Street, London
定員 108,290人
年間予算 £174.3 billion (社会保障給付), £7.6 billion (current) & £200 million (capital) in 2011-12 [1][2]
設置 2001年
前身 教育・技能省、社会保障省
ウェブサイト
www.gov.uk/dwp
テンプレートを表示

省の業務は以下の4つに分かれている[3]

脚注編集

  1. ^ Budget 2011. London: HM Treasury. (2011). p. 93. オリジナルの2011年8月1日時点によるアーカイブ。. http://webarchive.nationalarchives.gov.uk/20110801192353/http://cdn.hm-treasury.gov.uk/2011budget_complete.pdf 2011年12月30日閲覧。. 
  2. ^ Budget 2011. London: HM Treasury. (2011). p. 48. オリジナルの2011年8月1日時点によるアーカイブ。. http://webarchive.nationalarchives.gov.uk/20110801192353/http://cdn.hm-treasury.gov.uk/2011budget_complete.pdf 2011年12月30日閲覧。. 
  3. ^ Department for Work and Pensions: Customer delivery

関連項目編集

外部リンク編集