メインメニューを開く

勝坂遺跡(かつさかいせき、または、かっさかいせき[1])は、神奈川県相模原市南区磯部で発見された縄文時代中期前半頃(約5000年前)の大集落跡で関東地方の標式遺跡である。勝坂式土器の名前の由来となった遺跡で、国の史跡に指定されている。

座標: 北緯35度30分30秒 東経139度23分18秒 / 北緯35.50833度 東経139.38833度 / 35.50833; 139.38833 (勝坂遺跡)

勝坂遺跡の位置(神奈川県内)
勝坂遺跡
勝坂遺跡

概要編集

1926年大正15年)に大山柏により発見された[2][3]。この遺跡からは多くの土器打製石斧が発掘されている。そのなかでも、装飾的な文様や顔面把手(顔を表現した取っ手)などの特徴を持つ土器は、後に勝坂式土器と命名されている。また、打製石斧も土を掘るものと考えられ、縄文時代において農耕の可能性を示すものとして注目を浴びた。

1974年昭和49年)に集落遺跡の一部の約2ヘクタール(勝坂D区)が国の史跡として指定された。D区は1980年と1984年に史跡の追加指定が行われ、2006年平成18年)1月26日には近接した3,797.61平方メートル(勝坂A区)も史跡の追加指定がなされている[4]

遺跡の西側の「有鹿谷」には、有鹿神社の奥宮がある。この谷では祭祀遺跡が発見されている[5](有鹿祭祀遺跡)。

所在地編集

  • 相模原市南区磯部1780ほか

交通編集

  • JR相模線下溝駅から約1.5キロメートル。
    • 徒歩:下溝駅から徒歩20分程。
    • バス:バス停「下溝」から「相武台前」行きに乗り、「上磯部入口」または「勝坂入口」下車。バス停から徒歩5分程。

参考画像編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 史跡勝坂遺跡公園(歴史公園)(相模原市公式ホームページ)
  2. ^ 『相模原市埋蔵文化財調査報告36集 国指定史跡勝坂遺跡D区』相模原市教育委員会、2009年3月30日、9頁。
  3. ^ 大山柏『神奈川縣下新磯村字勝坂遺物包含地調査報告』小宮山健彦、1972年6月30日、1頁。
  4. ^ 史跡勝坂遺跡公園(歴史公園)(相模原市公式ホームページ)
  5. ^ 有鹿神社と鈴鹿明神(歩いて郷土の歴史を学ぶ会)

関連項目編集

外部リンク編集