メインメニューを開く

勝川 春泉(かつかわ しゅんせん、生没年不詳)とは、江戸時代後期の浮世絵師

来歴編集

勝川春章の門人。姓名不詳。勝川を称した。寡作の絵師であったが、主として天明1781年 -1789年)後期から寛政1789年- 1801年 )前期に、師の画風を的確に墨守した細判の役者絵10数点と黄表紙の挿絵を描いている。春泉の役者絵には手の描き方などに、後の東洲斎写楽の画風に通じるものも見られる。黄表紙では安永9年(1780年)刊行の『いろは歌』一巻、天明8年(1788年)刊行『うきよ草紙』五巻1冊などが知られる。春泉はその他に、寛政2年(1790年)刊行の咄本『新作徳盛噺』二巻1冊、同じく咄本『はなしのいち』一冊の挿絵、戯作『高松政道譚』(-ものがたり)の挿絵なども手がけている。

作品編集

  • 「五代目市川団十郎の暫」 錦絵 立命館大学アートリサーチセンター所蔵
  • 「大谷広次と松本幸四郎」 錦絵 細錦2枚続 天明7年
  • 「瀬川菊之丞」 錦絵 細錦
  • 「四世岩井半四郎と五世市川団十郎」 錦絵 細錦2枚続 
  • 「嵐龍蔵」 錦絵 細錦
  • 「尾上松助」 錦絵 細錦

参考文献編集