メインメニューを開く

勝本 勘三郎(かつもと かんざぶろう、1867年1月17日慶応2年12月12日) - 1923年大正12年)12月17日)は、日本刑法学者検察官弁護士財団法人立命館初代協議員。

目次

人物編集

フランス刑法が通説的地位を支配していた旧刑法時代に、ドイツにおける旧派と新派の学派争いを日本に紹介した人物であり、基本的立場は、新派刑法理論に立つが、その犯罪理論は、不能犯において客観説をとるなどむしろ主観主義的色彩の薄いものであった。

経歴編集

栄典編集

著書編集

  • 『刑法析義 各論之部上巻』(1899年
  • 『刑法析義 各論之部下巻』(1900年
  • 『刑法要論 総則』(1913年
  • 『刑法の理論及び政策』(1925年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第7051号「叙任及辞令」1906年12月28日。
  2. ^ 『官報』第7998号「叙任及辞令」1910年2月23日。
  3. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。

関連項目編集