磁場勾配パルス

勾配パルスから転送)

磁場勾配パルス(じばこうばいパルス、英語: pulsed field gradient)は、人為的に空間依存磁場強度を持たせたパルスである。勾配は軸、強さ、形状、持続時間の4つの特徴によって同定される。

パルス磁場勾配(PFG)法は、核磁気共鳴画像法 (MRI) や空間選択的分光法、NMRを用いた拡散の研究において重要である[1][2]。PFG法は現代的なNMR分光法において位相回しの代替手段として広く用いられている。

NMRにおける一般的な磁場勾配編集

スピンIについてz方向に不変な磁場勾配の効果は、角度γIGzでのz軸の周りの回転と考えられる(Gは勾配強度、γIはスピンIの磁気回転比)。これは磁化に位相因子を導入する。

Φ (z,τ) = γIzGτ

時間τの単位はミリ秒である。

脚注編集

  1. ^ Johnson Jr., C. S. (1999). “Diffusion ordered nuclear magnetic resonance spectroscopy: principles and applications”. Progress in Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy 34: 203–256. doi:10.1016/S0079-6565(99)00003-5. 
  2. ^ Neufeld, R.; Stalke, D. (2015). “Accurate Molecular Weight Determination of Small Molecules via DOSY-NMR by Using External Calibration Curves with Normalized Diffusion Coefficients”. Chem. Sci. 6: 3354–3364. doi:10.1039/C5SC00670H. http://goedoc.uni-goettingen.de/goescholar/bitstream/handle/1/11975/c5sc00670h.pdf?sequence=1.