メインメニューを開く

北原白秋生家(きたはらはくしゅうせいか)は、福岡県柳川市にある詩人北原白秋1885年生まれ)の生家跡。福岡県指定史跡。白秋生誕当時の母屋と穀倉が現存し、文学館施設として使用されている。運営は、(公財)北原白秋生家記念財団。

北原白秋生家
Hakushu Kitahara01s3200.jpg
母屋
所在地 福岡県柳川市大字沖端町55-1
位置 北緯33度9分32.3秒
東経130度23分38.61秒
類型 商家
形式・構造 (母屋)木造、土蔵造
建築年 幕末-明治初期
文化財 県史跡
テンプレートを表示

生家跡の施設編集

造り酒屋の佇まいを伝えるなまこ壁の母屋と穀倉は、幕末から明治初期の建築と推定される。1901年(明治34年)の沖端大火により被害を受けたが、耐火建築の土蔵造であったため辛うじて残った。酒蔵や精米所など他の建造物はこのときに全て焼失している。県の史跡に指定された1969年10月に修復と一部復元が完工し、11月に一般公開が始まった。館内には白秋の愛用品や著書等を展示、また白秋の幼少期の落書も残されている。仏間にはデスマスクが保管されている。 白秋生誕百年にあたる1985年には敷地の一隅、裏庭に隣接して柳川市により北原白秋記念館(柳川市歴史民俗資料館)が開館。1990年に母屋の下屋の書斎が復元された。

交通アクセス編集

  • 西鉄天神大牟田線柳川駅下車の上、
    • 西鉄バス「早津江」行きに乗車、「水天宮入口」バス停にて下車、徒歩5分
    • 同バス「早津江」行き、または「柳川病院循環」に乗車、「御花前」バス停にて下車、徒歩7分
    • 堀川バス「かんぽの宿柳川」行きに乗車、終点の同バス停にて下車、徒歩9分
    • 同駅よりタクシーで約10分

周辺編集

関連項目編集

外部リンク編集