北回帰線』(きたかいきせん、Tropic of Cancer)は、ヘンリー・ミラー小説。1934年にパリで発表された。

ミラーの処女作であり、自伝的小説でもある。1930年代のフランス(主にパリ)の日常を、過去と現在の視点で描いたもの。1961年にアメリカでも刊行されたが、作品内の性表現が法律に触れ、発禁になった(1964年に連邦最高裁で「わいせつ文書ではない」とする判決があった)。

ジョージ・オーウェルは、「1930年代中頃の中で最も重要な本」としている。

邦訳編集

  • 『北回帰線』訳:大久保康雄、新潮文庫
  • 『北回帰線』訳:本田康典、ヘンリー・ミラー・コレクション 1(水声社)

関連項目編集