メインメニューを開く

北川 宣勝(きたがわ のぶかつ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将豊臣秀頼の家臣。

 
北川宣勝
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 不明
死没 不明
別名 治郎兵衛
主君 豊臣秀頼大村純頼
氏族 浜田氏北川氏
父母 父:浜田景隆
テンプレートを表示

略歴編集

伊達氏の家臣・浜田景隆の長男とされる。諸事情で伊達家を出奔、北川宣勝と名乗り、豊臣秀頼に仕える。

大坂冬の陣では大坂城八町目口を守って奮戦。秀頼より長宗我部盛親を指揮下に置くよう命ぜられるが、「私が盛親の下に付くのが道理」と固辞した。

大坂夏の陣では道明寺の戦い天王寺・岡山の戦いで奮戦するも力及ばず。大坂城落城後は山川賢信と共に八幡滝本坊に隠れたがのちに投降、命は助けられた。

徳川家康の死後は大村純頼に仕えた。