メインメニューを開く

北条 貞宣(ほうじょう さだのぶ)は、鎌倉時代末期の武将。北条氏の一門。父は大仏流北条宣時とされるが、北条政忠(まさただ)[1]とする系図もある。

 
北条貞宣
時代 鎌倉時代末期
生誕 不詳
死没 元応2年(1320年5月
官位 丹波
幕府 鎌倉幕府
氏族 北条氏大仏流
父母 父:北条宣時(※異説あり)、母:未詳
兄弟 宗宣宗泰貞房貞宣
時英高貞貞芙、女子
テンプレートを表示

元服時に得宗家当主・北条貞時より偏諱(「貞」の1字)を受けて貞宣と名乗る[2]。もう一方の「宣」の字は宣時に由来すると考えられる。

正宗寺本「北条系図」、佐野本「北条系図」、前田育徳会所収の「平氏系図」による記述[3]と「公衡公記」における正和4年(1315年)の鎌倉大火の記事で「丹波守貞宣の屋敷が類焼した」と書かれていることから、官途は丹波守であったと推定される。子には時英高貞貞芙、女子がいたと伝わる。

政治的な活動としては、正和2年(1313年)、甥の北条維貞と交替で引付頭人に就任、死去する元応2年(1320年5月まで務めたとされる。

「続千戴和歌集」「続後拾遺和歌集」に、それぞれ一首歌が採録されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ この場合、系譜は北条時房佐介流大仏流の祖)―時盛(佐介流)―時景時顕―政忠(―貞宣)となる(世界帝王事典 北条氏(時房流)より)。
  2. ^ 紺戸淳 「武家社会における加冠と一字付与の政治性について」(『中央史学』二、1979年、p.15系図・P.21)、新訂増補「鎌倉政権上級職員表」 その78-大仏貞宣細川重男のブログ記事)より。角田朋彦 「偏諱の話」(再興中世前期勉強会会報『段かづら』三・四、2004年、p.21)でも貞時の代には「貞」の字が「得宗→御家人」という形で授与される図式が成立していたことが指摘されている。尚、貞時が得宗家当主であった期間(1284年-1311年)の元服ということを考えると、早くとも1270年前後の生まれと推定される(貞房の弟であれば貞房の生まれた文永9年(1272年)以降となる)。
  3. ^ 新訂増補「鎌倉政権上級職員表」 その78-大仏貞宣(細川重男のブログ記事)より。

参考文献編集

  • 北条氏系譜人名辞典(新人物往来社) 177項