北森法(きたもりほう)は制御工学における制御器の設計手法。周波数領域での低周波からの近似が成り立つよう、低周波からゲインパラメータを決定する。北森俊行により提案された。