メインメニューを開く

北海道立宗谷ふれあい公園

北海道の公園

北海道立宗谷ふれあい公園(ほっかいどうりつそうやふれあいこうえん)は、北海道稚内市にある公園。5番目に設けられた道立広域公園[4]

北海道立宗谷ふれあい公園
Soya Fureai Park Hokkaido Pref.
Soya Fureai park multifield.jpg
道立宗谷ふれあい公園 多目的広場
分類 広域公園
所在地
座標 北緯45度23分39秒 東経141度45分24秒 / 北緯45.39417度 東経141.75667度 / 45.39417; 141.75667座標: 北緯45度23分39秒 東経141度45分24秒 / 北緯45.39417度 東経141.75667度 / 45.39417; 141.75667
面積 65.3ヘクタール
開園 1998年7月18日(一部供用)[1]
2000年4月1日(全面供用)[1]
運営者 稚内振興公社(指定管理者[2]
設備・遊具 ビジターセンター広場遊具パークゴルフ場、オートキャンプ場、展望台、多目的広場、、散策路、スキー場
バリアフリー オストメイトトイレ(ビジターセンター、キャンパーズハウス、展望台)、車椅子用トイレ、身障者対応ロッジ
アクセス 稚内空港から車で約10分
北海道旅客鉄道(JR北海道)南稚内駅から車で約15分
稚内港フェリーターミナルから車で約20分
告示 都市計画決定:平成5年6月4日北海道告示第848号[3]
事務所 宗谷ふれあい公園管理事務所
事務所所在地 北海道稚内市声問5丁目40番1号
公式サイト 北海道立宗谷ふれあい公園
ビジターセンター
パークゴルフ場

目次

概要編集

1988年(昭和63年)に稚内市が「てっぺんファミリー基本構想」を策定したことを契機として、1991年(平成3年)に道立公園の適地として決定した[5]

公園名は1992年11月に開始された公募により、290点の案から選ばれた[4]。日本国内最北端のイメージ、大沼の北岸に隣接しているなどの地域特性から「未来への北方圏交流拠点の形成」をコンセプトに整備している[5]

施設編集

ビジターセンター
屋内遊技場
バーベキューコーナー
研修室
インドアガーデン
パークゴルフ場
日本パークゴルフ協会公認コース[6]
利用期間(5月上旬から10月31日)
4コース、全36ホール
サハリンコース
アルメリアコース
ふれあいコース
リンドウコース
オートキャンプ場
キャンプサイト
プライベートサイト(24サイト。うち8サイトはペット同伴可)
フリーテントサイト
キャンピングカーサイト(4サイト)
キャンパーズハウス・炊事棟
ロッジ
Aロッジ(5棟、定員6名)
Bロッジ(5棟、定員8名)
Cロッジ(1棟、身障者対応、定員6名)
展望ゾーン
展望室(5月上旬から9月30日)
風の劇場・モニュメント
多目的広場
利用期間(5月上旬から9月30日)
天然芝サッカーコート2面
谷間の冒険広場
利用期間(5月上旬から9月30日)
ターザンロープ・ふわふわドームなど
スキー場
利用期間(1月上旬から3月中旬)
歩くスキーコース
利用期間(1月上旬から3月中旬)
用具無料レンタル

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 道立宗谷ふれあい公園”. 北海道. 2015年12月7日閲覧。
  2. ^ 稚内振興公社”. 2015年12月6日閲覧。
  3. ^ 北海道の都市公園一覧表 (PDF)”. 北海道. p. 68 (2010年3月31日). 2015年12月6日閲覧。
  4. ^ a b 「5番目の道立広域公園、名称は「宗谷ふれあい公園」」.『日本経済新聞(北海道)』.1993年2月20日付朝刊、1面。
  5. ^ a b 北海道立都市公園の概要(北海道立宗谷ふれあい公園) (PDF)”. 北海道. 2015年12月7日閲覧。
  6. ^ 公認コース - 北海道 > 宗谷 > 稚内市”. 日本パークゴルフ協会. 2015年12月6日閲覧。

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集