北畠 具信(きたばたけ とものぶ、生年未詳 - 永禄5年(1562年))は、戦国時代武将浪岡 具信(なみおか とものぶ)とも。子に顕重

浪岡北畠家の当主・浪岡具永の庶子といわれる。父の命令で、断絶していた分家の河原御所の家柄を継いだ。所領問題で甥の浪岡具運と争い、永禄5年(1562年)に具運を暗殺した(河原御所の乱)。しかし自らも具運の弟の顕範によって殺されてしまった。

この河原御所の乱は、結果的に浪岡北畠氏の衰退を招くことになる。