北畠 親成(きたばたけ ちかなり)は、戦国時代武将

 
北畠親成
時代 戦国時代
生誕 永禄3年(1560年
死没 天正4年11月25日1576年12月15日
戒名 正楽院玄祐紫雲大居士
官位 式部少輔
氏族 村上源氏中院家流、北畠家
父母 父:北畠具教
兄弟 北畠具房長野具藤北畠親成
女(織田信雄室:雪姫)、女(不破直光室)
徳松丸、亀松丸
テンプレートを表示

生涯編集

永禄3年(1560年)、伊勢北畠氏第8代当主・北畠具教の子として誕生。

北畠家が尾張国織田信長の侵攻に屈伏し、信長の次男・茶筅丸(織田信雄)を養子に迎えることになった際、強硬に反対したと伝わる。このため、反織田勢力のひとりと見なされた。

天正4年(1576年)11月25日に父・具教が信長・信雄らの命令によって三瀬の変で暗殺された際、兄・長野具藤と共に田丸城において土方雄久津川義冬らに殺害された。

なお、親成に関しては具教の実子ではなく、土岐氏からの養子とする説もあり、その史料が乏しいために詳しい事績は不明である。