メインメニューを開く

医王院 (小矢部市)

若宮山 医王院(わかみやさん いおういん)は、富山県小矢部市にある浄土宗の寺院。本尊は薬師如来阿弥陀如来
本尊の薬師如来に関しては行基の真作とみられ、病気の回復にご利益があるとされる。
他、閻魔大王が、境内にある閻魔堂の本尊として祀られている。

医王院
医王院 外観
所在地 富山県小矢部市埴生4476
位置 北緯36度39分51秒
東経136度51分7秒
座標: 北緯36度39分51秒 東経136度51分7秒
山号 若宮山
宗旨 浄土宗
本尊 薬師如来および阿弥陀如来
正式名 若宮山 医王院
文化財富山県指定文化財
銅造阿弥陀如来座像
木造僧形八幡神座像
小矢部市指定文化財
仁王像
十王像
地図
医王院 (小矢部市)の位置(富山県内)
医王院 (小矢部市)
法人番号 3230005005299
テンプレートを表示

目次

歴史編集

創建は慶雲三年(706)。天平元年(729)に医王院の勅号を賜ったと伝えられている。
天文十二年(1543)兵火にかかり堂宇が焼失。同十五年(1546)、現在地に再建された。
医王院の裏手には若宮古墳(富山県指定文化財・史跡)があり、こちらは6世紀初頭の築造とみられている。

文化財編集

  • 銅造阿弥陀如来座像:富山県指定有形文化財
  • 木造僧形八幡神座像:富山県指定有形文化財
  • 仁王像:小矢部市指定文化財-明治二年(1869)に倶利伽羅長楽寺から移転祭祀された。
  • 十王像:小矢部市指定文化財-明治二年(1869)に倶利伽羅長楽寺から移転祭祀された[1]
    元々は慶長十七年(1612)、加賀藩前田利長の病気回復を願い、長楽寺の秀雅上人が寄進したもの。

主な仏事編集

  • 1月1日 修正会(開始時刻 深夜零時)
  • 2月15日 涅槃会(開始時刻 午後二時)
  • 8月22日 閻魔会(開始時刻 午後七時)
  • 11月6日 十夜報恩講・祠堂経会(開始時刻 報恩講:午前十時 / 祠堂:午後一時半)

周辺施設編集

  • 『倶利伽羅源平の郷 埴生口』:医王院の近隣にある休憩施設。館内には医王院についての解説や所蔵品が展示されている。

拝観情報編集

拝観料
無料
アクセス
  • 『倶利伽羅源平の郷 埴生口』から徒歩2分。
  • 近隣に専用駐車場(無料)がある。医王院の外壁に、駐車場に至る案内板が表示されている。

参考文献編集

  1. ^ 『立山×地獄展』(富山県立山博物館、2016)p.23

外部リンク編集