Type 11 75 mm AA gun.jpg
制式名 十一年式七珊半高射砲
重量 2061kg
砲身重量 329㎏(閉鎖機共)
砲口径 75mm
砲身長 2560mm
砲口初速 530m/s
後座長 560㎜~600㎜
最大射程 10900m
最大射高 6650m
俯仰角 0~+85度
水平射角 360度
使用弾種 高射榴弾
代用弾
三八式榴霰弾
九〇式榴霰弾
十一年式目標弾
  等
製造国 日本
総生産数 44門

十一年式七珊半野戦高射砲(じゅういちねんしきななさんちはんやせんこうしゃほう)は1922年大正11年)に制式制定された、日本陸軍が最初に量産した高射砲である。

開発編集

第一次世界大戦青島においての経験[1]、また急速に発達しつつある航空機に対抗するために1920年(大正9年)に設計が開始され、実用試験などの過程を経て1922年(大正11年)に制式化された。

完成を急ぐため設計の手間を省き、可能な限り三八式野砲との共用を図った。野戦型は放列布置・撤収とも公称5分以内で可能といわれ、4トン自動貨車で牽引して機動する。野戦型の他に、固定砲床に据付ける陣地型、要塞砲として対地・対艦戦闘にも参加できるよう俯角を取れる要塞加農砲型など数種類の派生型がある[2]

なお、基本的な構造は十四年式十糎高射砲にも引き継がれた。

運用編集

すでに制式制定の時点で性能的に時代遅れになっており、1928年昭和3年)までに44門が生産されたに過ぎない[3]。ただ、射撃性能こそ低かったが高射砲として必要な機能や周辺機器類は一通り揃っており、草創期の対空射撃戦術の研究運用には役立った。

八八式七糎半野戦高射砲が登場すると急速に取って代わられていき、太平洋戦争時には一部の要塞備砲として残っていた以外は全て引退していた。本土決戦準備に際して一線復帰したものもあると見られるが、詳細は不明。

1933年(昭和8年)の臨時装甲列車の主砲として搭載された。

脚注編集

  1. ^ ドイツ海軍のわずか1機のルンプラー・タウベに翻弄され、自力でこれを排除することができなかった。
  2. ^ 陣地型、要塞加農砲型は若干性能が低下しているといわれるが詳細不明。
  3. ^ 全て合わせてもわずかに10個中隊を満たすだけである。

関連項目編集