メインメニューを開く

十三夜 (小説)

樋口一葉による短編小説

十三夜(じゅうさんや)は、樋口一葉の短編小説。1895年(明治28年)12月、『文芸倶楽部』閨秀小説号に発表された[1]

あらすじ編集

貧しい士族斉藤主計の娘お関は、官吏原田勇に望まれて七年前に結婚したが、勇は冷酷無情なのに耐えかねてある夜、無心に眠る幼い太郎に切ない別れを告げて、これを最後と無断で実家に帰る。おりしも十三夜、いそいそと迎える両親を見て言い出しかねていたが、あやしむ父に促されて経緯を話し、離縁をと哀願する。母は娘への仕打ちにいきり立ち、父はそれをたしなめ、お関に因果を含め、ねんごろに説きさとす。お関もついにはすべて運命とあきらめ、力なく夫の家に帰る。その途中乗った車屋はなんと幼なじみの高坂録之助。話を聞けば、自分のために自暴自棄、妻子を捨てて落ちぶれた暮らしをしている。そのひとを今、目の前にして、万感、胸に迫る思いで、無限の悲しみを抱いたまま、彼とも別れ、帰って行く。

その他編集

  • 劇作家久保田万太郎が昭和22年に劇化脚色を行い、舞台で上演されている[2]
  • 同じ樋口一葉作の『大つごもり』『にごりえ』とともに1953年にオムニバス映画『にごりえ』第一話として映像化された[3]
  • 2011年1月にNHKラジオ文芸館阿部陽子による朗読で放送された[4]

脚注編集

外部リンク編集