千々和 実(ちぢわ みのる、千々和實、1903年9月2日[1] - 1985年9月5日[1])は、日本史学者。

経歴編集

福岡県鞍手郡木屋瀬町(現・北九州市八幡西区)生まれ[1]。1927年広島高等師範学校卒業[1][2]。1927年から1929年まで長崎県立長崎高等女学校教諭[1][3]。1932年東京文理科大学卒業[1][4]群馬県師範学校教諭[5]、1942年東京府青山師範学校教諭、1949年東京学芸大学教授、1961-1963年同附属図書館長、1967年定年退官、名誉教授[1]。1967年都留文科大学教授、1968年上武大学教授、1972年退職[1]。1974年勲三等旭日中綬章受勲[1]。次男は千々和到

著書編集

  • 『私達の郷土』社会科の友叢書 世界社 1948
  • 『近世文書読解の手引 はじめて近世文書を読む人の為に』いずみ書房 1959
  • 『板碑源流考 民衆仏教成立史の研究』吉川弘文館 1987

共編著編集

  • 『国のはじめ』伊瀬仙太郎東一夫共著 世界社 社会科の友叢書 1949
  • 『日本史』改訂版 大屋賢一共著 千代田書房 1952 大学受験新書
  • 高山彦九郎全集』全4巻 萩原進共編 高山彦九郎遺稿刊行会 1943-1978|
  • 『日本史の整理5週間』阿部猛共著 葛城書房 1957
  • 『歴史のフィールド・ワーク 郷土の研究調査』編著 いずみ書房 1959
  • 『日本史 教養の歴史』編 小峯書店 1960
  • 『武蔵国板碑集録 板碑発生最密集地域精査 第2 (旧比企郡)』編 小宮山書店 1968
  • 『武蔵国板碑集録 板碑発生最密集地域精査 3 (西北部)』編 雄山閣出版 1972
  • 新田氏根本史料』編 国書刊行会 1974
  • 『上野国板碑集録』編 西北出版 1977
  • 『高山彦九郎日記』萩原進共編 西北出版 1978

参考文献編集

  • 千々和實「千々和實略歴」『板碑源流考:民衆仏教成立史の研究』吉川弘文館、1987年、366-367頁。ISBN 4642026193

脚注編集