南カリブ自治地域

南カリブ自治地域スペイン語: Región Autónoma del Caribe Sur, RACS)または南カリブ海岸自治地域Región Autónoma de la Costa Caribe Sur, RACCS)は、ニカラグア南東部にある自治地域である。1986年に旧セラヤ県が2つに分割されて設けられた。2014年には南アトランティコ自治地域Región Autónoma del Atlántico Sur, RAAS)から現在の名称に変更。
北部に北カリブ自治地域、北西部にマタガルパ県、西部にボアコ県チョンタレス県、南部にリオ・サン・フアン県と接している。東部はカリブ海を臨み、沖にはアメリカ合衆国から返還されたコーン諸島が浮かぶ。北側にグランデ川(グランデ・デ・マタガルパ川)が西から東へと流れ、東海岸にはカリブ海と繋がっているペルラス湖がある。

南カリブ自治地域
ニカラグアの旗 ニカラグアの自治区
Región Autónoma del Caribe Sur
Bluefields waterfront homes.JPG
南カリブ自治地域の旗
南カリブ自治地域の公式印章
印章
RAAS, Nicaragua.svg
Región Autónoma Atlántico Sur.jpg
北緯12度00分 西経83度45分 / 北緯12.000度 西経83.750度 / 12.000; -83.750
国家 ニカラグアの旗 ニカラグア
首府 ブルーフィールズ
面積
 • 合計 27,260.02km2
人口
(2012年6月30日)(GeoHive.com
 • 合計 369,254人
等時帯 UTC-6
ISO 3166コード NI-AS
国勢調査人口 306,510人(2005年5月28日)

北部のほとんどがモスキートス海岸Costa de Mosquitos)と呼ばれるカリブ海側低地であり、南部は山地となる。面積27,407km2で国内2位の大きさ、人口382,100人(2005年)、自治地域の首都は旧セラヤ県の県都でもあったブルーフィールズBluefields)である。