メインメニューを開く

南スーダン国旗は、独立前の南部スーダン時代の2011年に制定された。スーダン人民解放軍の旗のデザインをそのまま利用している。

南スーダンの国旗
南スーダンの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上?
縦横比 1:2
制定日 2011年7月9日
使用色
テンプレートを表示

黒は南スーダンの民(黒人)、白は平和、赤は自由のために流された血、緑は国土、青はナイル川の水、金色(黄色)の星はベツレヘムの星で南スーダンの団結を象徴している。

目次

国旗の星について編集

国旗左側に描かれた金色(黄色)の星は、正式なデザインでは旗竿の方向(左)を向いているが、住民が持つ同旗のほとんど、そして国際連合への加盟に伴い国連本部ビル前に掲げられた国旗は、星が上を向いているものであった。また、青色の濃さにも不一致がみられる。

歴史的な旗編集

関連項目編集

外部リンク編集