メインメニューを開く

南九州観光バス有限会社(みなみきゅうしゅうかんこうバス)は、鹿児島県鹿児島市に本社を置く貸切、乗合バス事業者である。福岡県太宰府市宮崎県宮崎市にも営業所を置く。公益社団法人日本バス協会加盟。かつての社名は南九州はとバスであったが、東京のはとバスとは一切無関係である。

南九州観光バス有限会社
Minami Kyusyu Kanko Bus
Minamikyushu Kanko Bus head office.JPG
本社
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
891-0105
鹿児島県鹿児島市中山町1042番地1
設立 1995年7月
業種 陸運業・旅行業
法人番号 5340002009488
事業内容 貸切バス事業
乗合バス事業
特定バス事業
代表者 代表取締役 鶴田正一
資本金 4000万円
従業員数 17名
外部リンク http://www.mkkb.co.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1995年7月 - 設立。
  • 2013年7月29日 - 一般乗合旅客自動車運送事業・路線の定期運行許可。
  • 2013年8月1日 - 従来のツアーバス「福岡シティライナー」を改編し、高速バス「南九号」運行開始。
  • 2016年3月 - サンマリンツアーより「サンマリンライナー」を事業譲受し運行開始(2016年3月16日付認可[1])。

高速バス編集

南九号編集

福岡鹿児島
HEARTSバスステーション博多 - 鹿児島空港南 - 高速帖佐 - 下伊敷 - 鹿児島中央駅東口(イオン鹿児島中央店横)

福岡市と鹿児島市を結ぶ高速バス。ラド観光九州が主催するツアーバス「福岡シティライナー」として運行していたが、2013年8月1日に高速ツアーバスの乗合化に伴いツアーバスから乗合バスに移行したいわゆる新高速乗合バスである。昼行2往復の運行で、鹿児島発が朝に、福岡発が夕方に運行される。運賃は片道3600円・往復6800円で、ほかに平日割引がある。ラド観光九州が運営する独自の予約用ウェブサイトのほか、楽天トラベル、高速バスドットコムでも予約を取り扱う。担当は本社。

なお、ウェブサイトにおいては「南九州高速バス 南九号」とあるが、過去に存在した南九州高速バスとは一切関係ない。

  • 2013年8月1日 高速ツアーバス「福岡シティライナー」を引き継ぎ、乗合バスとして運行開始。
  • 2018年12月16日 ダイヤ改正。
    • HEARTSバスステーション博多開業に伴い、福岡市の発着地を博多駅筑紫口東総合庁舎前からHEARTSバスステーション博多に変更。
    • 1→2往復に増便。

サンマリンライナー編集

福岡・熊本(益城) ⇔ 宮崎
HEARTSバスステーション博多 - 益城バスストップ - 都城北バスストップ - 清武バスストップ- 南宮崎駅前 - 宮崎駅東口 - 阿波岐原(あわきがはら) - 佐土原待機所

福岡市・熊本地域と宮崎市ほかを結ぶ高速バスで、2016年3月にサンマリンツアーより事業譲受し運行開始した。宮崎営業所が担当する。昼行2往復(土日祝日・繁忙期3往復)の運行。自社ウェブサイトおよび楽天トラベル、高速バスドットコムでインターネット予約を取り扱うほか、主に宮崎市内にあるチケット取扱代理店の旅行会社で予約発券を取り扱う。サンマリンツアーのサイトを引き継いでおり、南九号とは異なるサイトでの予約となる。運賃はサンマリンツアー時代と同じく福岡 - 宮崎間が片道3500円、往復6000円、熊本 - 宮崎間が片道2700円、往復5400円。ほかにweb割がある。宮崎県内のみおよび益城 - 博多間のみの利用(乗車区間に益城 - 都城北間を含まない利用)はできない。

車両はサンマリンツアー時代の2010年12月11日に使用開始した[2]ハイデッカー・4列シート・トイレ付きの日野・セレガいすゞ・ガーラを引き続き使用しており、色もサンマリンツアーが導入した当時のままである。

※以下の沿革はサンマリンツアー時代の乗合バス化以降より記述

  • 2013年8月1日 高速ツアーバスを引き継ぎ乗合バスとして運行開始。3往復を運行。
  • 2013年12月1日 回数券、WEB割を設定。10枚つづり回数券の場合1回あたり2300円となる。
  • 2014年2月20日 停車地に清武・益城を追加。
  • 2014年7月1日 一時的に運休。
  • 2014年7月17日 ダイヤ改正を行い運行再開。運行本数は運休前と同じ3往復であるが、博多を朝出発する便と宮崎を午後に出発する便が廃止され、3往復とも宮崎発が午前中、博多発が午後の発車となり、博多からの日帰り利用が不可能となった。
  • 2016年3月16日 この日付でサンマリンツアーから南九州観光バスへの「サンマリンライナー」の事業譲渡認可[3]。その後「サンマリンライナー」を事業譲渡。
  • 2017年11月3日 3往復中1往復が土日祝日・繁忙期のみの運行となる。
  • 2018年12月16日 福岡市の発着地を博多駅筑紫口東総合庁舎前からHEARTSバスステーション博多に変更。

貸切バス編集

  • 大型からジャンボタクシーまで幅広い車種を揃え、鹿児島市の福祉バス特別支援学校の送迎バスも運行する。
  • 前述のとおり、2013年7月31日まで福岡~鹿児島間のツアーバス・「福岡シティライナー」の運行をラド観光九州より受託していた。鹿児島中央駅西口駐車場~桜島サービスエリア鹿児島空港ホテル~博多駅筑紫口貸切バス駐車場~天神日銀前(福岡行の降車のみ)のルートであったが、乗合化に伴い、天神地区への乗り入れは廃止された。所要時間は鹿児島行が3時間45分、博多行が3時間30分。また、サンマリンツアーが主催する福岡~宮崎間のツアーバス「サンマリンライナー」の運行を受託していた時期もあった。

脚注編集

  1. ^ 一般乗合旅客自動車運送事業の譲渡譲受等認可 (PDF) - 国土交通省九州運輸局
  2. ^ 待ちに待った新型新車運行!!! - サンマリンの日々徒然(スタッフブログ)、2010年12月11日
  3. ^ 一般乗合旅客自動車運送事業の譲渡譲受等認可 (PDF) - 国土交通省九州運輸局

関連項目編集

外部リンク編集