南呂院(なんりょいん、生没年不詳)は常陸国戦国大名佐竹義昭の次女。下野国宇都宮広綱に嫁いだ。宇都宮国綱結城朝勝の母。

天正4年(1576年)、病により32歳で死去した広綱の跡を継いだ国綱が幼かったため、家臣の壬生義雄皆川広勝の内乱が活発化した。

さらに北条氏政の侵攻が激化し、実家の兄である佐竹義重の後見を受けながら、国綱が成人するまで南呂院が家政を取り仕切った。