南川 周三(みなみかわ しゅうぞう、1929年(昭和4年)3月3日 - 2007年(平成19年)12月26日)は、日本の詩人美術評論家東京家政大学名誉教授

東京生まれ。本名・井上章。1953年東京大学文学部美学美術史卒。同大学院修士課程修了。東京女学館短期大学教授東京家政大学教授、99年定年名誉教授。詩誌「日本未来派」の編集発行人を務めた。本名で寺院建築についての評論を執筆。

著書編集

  • 『蒐集癖の少年 詩集』南川周三 国文社、 1957 (ピポー叢書)
  • 『関東芸術紀行』井上章 宝文館双書、1963
  • 覚園寺』井上章 中央公論美術出版、1965
  • 『帯』南川周三 宝文館出版、 1966
  • 『関東古寺巡礼』井上章 鷺の宮書房、1968
  • 『音楽の響き 南川周三詩集』国文社、1971
  • 『美と美術 その思考と論理』井上章 家政教育社、1973
  • 妙心寺』井上章 中央公論美術出版、1973 美術文化シリーズ
  • 『南川周三詩集』宝文館出版、1976 (昭和詩大系)
  • 『断想詩論』南川周三 国文社、1981
  • 南禅寺』井上章 中央公論美術出版、1982 美術文化シリーズ
  • 『詩の情況』南川周三編 思潮社、1983
  • 『芸術論』南川周三 国文社、1984
  • 『造形美論』井上章 東京家政大学出版部、1984
  • 『幻月記』南川周三 思潮社、1990
  • 『南川周三詩集』土曜美術社出版販売、1994 (日本現代詩文庫)
  • 『美の歩廊』井上章 東京家政大学出版部、1996
  • 『寒い夏の殺人』(小説)南川周三 宝文館出版、2000

共著編集

参考編集