メインメニューを開く

南洋通商大臣朝の欽差大臣。略して南洋大臣ともいう。

阿片戦争後の道光24年(1844年)に、南京条約で開港された5港(広州福州アモイ寧波上海)での対外通商と外交事務を担当する五口通商大臣が広州に設置され、両広総督が兼任した。アロー戦争後の咸豊11年(1861年)に五口通商大臣の役所は上海に移され、総理各国事務衙門の管轄下に置かれた。この時期の五口通商大臣は薛煥であった。

同治5年(1866年)に五口通商大臣は南洋通商大臣と改称され、両江総督が兼任することとなり、南京に移された。歴代の南洋大臣には曽国藩李鴻章左宗棠沈葆楨張之洞劉坤一端方らがいる。

関連項目編集