南港大橋

大阪府、南港水路にかかる橋
南港大橋・大阪南港東高架橋

南港大橋(なんこうおおはし)は、大阪府大阪市住之江区南港にある南港水路を跨ぐである。

大阪南港東高架橋(おおさかなんこうひがしこうかきょう)についても記述する。

概要編集

住之江区南港中3丁目・南港東5丁目と南港南2丁目・南港東4丁目の間を結んでいる。

橋の中央部には阪神高速4号湾岸線ニュートラム南港ポートタウン線が通っているため、北行き車線と南行き車線が分離している。どちらも、片側4車線の道路となっている。

架橋地が埋め立て地であるため、地盤が軟弱であり、基礎工事は困難を極めた。整地用のブルドーザーが一夜で地中に埋まってしまい、盗難騒ぎになった逸話がある。

一方、大阪南港東高架橋は、すでに架橋された南港大橋の間を通すため、単弦ローゼ橋を採用し、さらに下側に鉄道橋(ニュートラム線)を吊り下げた珍しい構造となっている。

主要諸元編集

南港大橋
  • 路線名:南港第1号線(大阪市港湾局管理)
  • 架橋年:昭和44年(1969年)-(東側)、昭和49年(1974年)-(西側)
  • 形式:三径間ゲルバー桁橋
  • 橋長:63.1m
  • 幅員:27m (片側)
大阪南港東高架橋

外部リンク編集

座標: 北緯34度37分26.1秒 東経135度25分59.3秒 / 北緯34.623917度 東経135.433139度 / 34.623917; 135.433139