南部 信経(なんぶ のぶつね)は、江戸時代後期の陸奥国八戸藩の世嗣。

 
南部信経
時代 江戸時代後期
生誕 寛政10年2月6日1798年3月22日
死没 天保4年10月12日1833年11月23日
改名 英之助(幼名)、信経
陸奥八戸藩世嗣
氏族 南部氏
父母 南部信真
兄弟 信経信一忠文真勝市橋長富正室、植村家貴正室、鶴姫
松平光行娘・寿
テンプレートを表示

略歴編集

8代藩主・南部信真の長男として誕生。幼名は英之助。正室は松平光行の娘・寿。

八戸藩嫡子だったが、家督を相続することなく死去した。代わって、弟の信一が嫡子となった。