南部根元記(なんぶこんげんき)は、近世南部家中興の祖と称される二十六代信直の伝記(軍記物)。

始祖 南部光行から、天正19年(1591年)までの盛岡藩初代藩主 南部信直の事績についての歴史書。 根元記の根元は「信直を根元とする」の義であり、津軽氏の独立、九戸合戦、小田原合戦などについて主に記している。

外部リンク編集