南 霽雲(なん せいうん、生年不詳 - 757年)は、の武将。唐の名将の張巡配下として雷万春とともに活躍した。なお南八とも呼ばれている(排行が八番目であったと思われる)。魏州頓丘県の人。

経歴編集

若い頃は貧乏で人に雇われて船頭をしていた。安禄山の反乱に際して武将となり、唐の尚衡が安禄山側の李廷望を討伐する時の先鋒となった。

睢陽に遣わされて張巡と事を図り、「張公は心を開いて人と対する。私は本当に仕える場所を得た」と言って、張巡が帰ることを勧めたにもかかわらず、とどまった。尚衡は金や絹を送ったが、受けずに辞退し、張巡に厚く迎えられた。一度は寧陵に行き、三千人の援軍を連れて戻ってきた。張巡とともに睢陽城防御で活躍したが捕らえられ、張巡・雷万春・姚誾らとともに殺された。

エピソード編集

  • 南霽雲は騎射に長け、百歩以内にいる敵は一矢で全て倒した。
  • 張巡は、敵の大将の尹子奇の顔が分からないため、よもぎを矢として打った。これに当たったものが敵は矢がつきたとして、尹子奇のもとに報告に行くところを、南霽雲が矢を射て、尹子奇の左目に当て退却させた。
  • 援軍を求めに三十騎で包囲を突破したが、唐の御史大夫賀蘭進明は、援軍を拒絶し、宴会を開いて南霽雲を幕下に迎えようとした。しかし、指を断ち賀蘭進明に見せた上で、寺塔を矢で射て、「賊を破って、帰ったら、賀蘭進明を滅ぼす。これがその誓いだ!」と言った。
  • 落城後、張巡に「南八!男児はただ死ぬだけだ。不義に屈するなよ!」と言われた時、笑って「やり残したことがあるが、我を知る公のためだ。死にましょう」と言った(賀蘭進明のことと思われる)。
  • 南宋謝枋得の詩に彼のことが引用されている。

伝記資料編集

  • 新唐書』巻百九十二 列伝第百一十七忠義伝・中「張巡伝」