メインメニューを開く

単層立方上皮(たんそうりっぽうじょうひ、: simple cuboidal epithelium)とは立方状の上皮細胞が基底板の上に一層並んでいる上皮。上皮細胞自由表面に線毛を有する上皮を単層線毛立方上皮と呼ぶ。ボウマン嚢上皮、腎尿細管の一部の上皮、甲状腺の濾胞上皮、脳室の脈絡叢上皮、角膜後上皮、終末細気管支の粘膜上皮、呼吸細気管支の粘膜上皮などが単層立方上皮である。

参考文献編集

  • 日本獣医解剖学会編集 『獣医組織学 改訂第二版』 学窓社 2003年 ISBN 4873621135

関連項目編集