印欧語学

インド・ヨーロッパ語族に属する言語を研究する学問

インド・ヨーロッパ語学、印欧語学(いんおうごがく)とは言語学の一部で、インド・ヨーロッパ語族に属する言語を研究する学問。[1][2][3]

文献として残っている(もしくは現在用いられている)各言語の音韻文法的比較(比較言語学[4]や、それに基づく印欧祖語など死語となった言語の再建を含む。[2]また印欧祖語話者(“原印欧民族”)の社会宗教などに関する研究も派生している。[5]

脚注編集

  1. ^ Clackson, J. (2007). Indo-European linguistics: an introduction. Cambridge University Press.
  2. ^ a b Gamkrelidze, T. V., & Ivanov, V. V. (2010). Indo-European and the Indo-Europeans: A Reconstruction and Historical Analysis of a Proto-Language and Proto-Culture. Part I: The Text. Part II: Bibliography, Indexes (Vol. 80). Walter de Gruyter.
  3. ^ 齋藤治之. (2019). インド・ヨーロッパ祖語動詞組織研究の今: 重複語幹 CE-CERC を中心に. Sprachwissenschaft Kyoto, (18), 90-92.
  4. ^ Beekes, R. S. P. (1995). Comparative Indo-European Linguistics. Amsterdam: Benjamins.
  5. ^ Mallory, J. P., Adams, D. Q., & Adams, D. Q. (Eds.). (1997). Encyclopedia of Indo-European Culture. Taylor & Francis.